改善のポイント|糖尿病食の宅配サービスを利用しよう│ネット通販を活用する

糖尿病食の宅配サービスを利用しよう│ネット通販を活用する

シニア男性

改善のポイント

男性

腎臓病の方が食事を注意する目的は、たんぱく尿を減らすことと、血圧を下げることです。これらのことを実現すると、腎臓の負担を減らすことができます。まずは適量なたんぱく質を摂ることについてです。たんぱく質を過剰に摂取してしまうと腎臓への負担が大きくなります。適量なたんぱく質を摂る場合は良質なたんぱく質を摂ることが大事です。良質なたんぱく質はお魚やお肉などの動物性たんぱく質です。またこの時必須アミノ酸を多く含むものが特に有効です。適量なたんぱく質は、腎臓病の病状や標準体重などにより個人差があるため、医師に尋ねるといいです。たんぱく質の過剰摂取を防ぐ方法として、一回の食事のおかずは手のひらにのるくらいにするといいです。

腎臓病の方には、十分なエネルギーを摂ることも大事になります。エネルギー不足だと体内に毒素がたまり、さらに尿素窒素が上昇してしまいます。食事の際、エネルギーを多くする工夫について紹介します。まずは油、マヨネーズなど脂質を多く含む食品を積極的に摂ることです。特にごま油や大豆油はたんぱく質が少ないため特におすすめです。具体的な調理法としてはご飯をチャーハンにしたり、焼きなすを天ぷらにすると良いです。次は砂糖やジャム、でんぷんなどを使うことです。具体的な調理法としてはパンにジャムやマーガリンをしっかりつけることです。他の方法としてはエネルギー調整食品を使うことも効果的です。上手に使うことで、腎臓病の方でも普通の食事に近くなります。また、病食サービスなども利用しましょう。